避妊薬は基本的には病院やクリニック等に行って医師の診察を受けた上で処方してもらうものですので、しっかりと服用に関する注意点などについては聞くことが出来ます。なので当然処方してもらう際には医師から飲み忘れについても注意するように言われているはずなのです。しかしそうは言っても人間である以上、処方された避妊薬をうっかりと飲み忘れてしまうこともあるものなのです。そしてもちろん医師は病院では飲み忘れについてはしつこく注意してくれるものですが、利用者が自宅にいる時のことまでは構ってはいられません。なので利用者が各々しっかりと飲み忘れをしないように管理していくことが必要なのです。どうすれば処方された避妊薬の飲み忘れを防ぐことが出来るのでしょうか。
まずとにかく一番良いのは、避妊薬の服用を一日も早く習慣づけるようにすることなのです。現代人で毎日顔を洗うのを忘れてしまう人はあまりいないものです。これは顔を洗うという動作が、既に人間の頭の中で習慣づけされているからなのです。だからいちいち今日も顔を洗うぞと意識しなくても、自然と習慣として毎日顔を洗うことが出来るというものなのです。なので顔を毎日意識せずとも自然と洗うことが出来るのと同じように、避妊薬についても服用を習慣づけていけば良いのです。とにかく最初のうちは飲むべき時間を通知してくれるようにアラームを設定するなどして、一日も早く避妊薬を毎日飲むということを身体に覚えさせることが大切なのです。そのようにすれば、いつしかアラームに頼らなくとも自然に毎日飲み続けることが出来るようになるのです。せっかく処方された大切な避妊薬なのですから、飲み忘れることのないようにしたいものです。